スタイリスト専攻

2019年度入学 武田 雄汰さん

【在校生にインタビュー】

■MBCに入学したきっかけは?

中学の同級生でもあり、今、同じ専攻で学んでいる友達の影響で洋服に興味を持ち始めました。高校の頃、いつもおしゃれな友達を見ていて、僕もおしゃれになりたいな…(笑)と思っていました。ネットで様々な洋服を見て、買い揃えるうちに、ますますファッションへの興味が高まりました。アルバイト代は、洋服に費やしましたね。洋服は好きですが、洋服の知識がなく、地元松山で、もっと洋服やファッションのことを知りたいと思いました。

■入学した決め手は?

松山の学校であることと、ファッションデザイン、スタイリスト、メイク・ネイルと洋服のことはもとより、ファッションを幅広くトータルに学べることが入学への決め手となりました。僕は細かい作業が好きなこともあり、オープンキャンパスで、ミシンを使ってトートバックを制作してすごく楽しかったですね。指導してくれた在校生と先生も優しく、明るいMBCの雰囲気が好きになりました。

■これからMBCで学びたいことは?

洋服についての知識を深めたいです。デザイン画、布地選び、パターン、縫製技術など、ファッションの世界は奥が深く、新しいことを知るたびに、ワクワクします!! 好きなことを知れる喜びが多いので、自主的に学びに励んでいます。

■将来の夢・目標は?

今、ファッションの入り口に立ったばかりです。「ファッションの世界で何ができるのか、何がしたいのか」将来の夢・目標を具体的に見つけるために学んでいます。夢は無限大で、自分の将来の姿を想像すると楽しみでなりません。何でもできるスペシャリストになれるように努力したいです。