ファッションデザイン専攻

 2020年度入学 山内 杏梨さん

■自分に合う進学先を選びたいから、様々な学校のOCを体験。そして、分かった事。
高校入学の頃からファッション系の専門学校への進学を希望していました。学校選択をするにあたって、様々な学校を見て体験して、自分に合う学校を選びたいと思いました。でも、「自分に合う学校って?」と思い、高2の頃から、県内で唯一ファッションを学べる本校や県外の学校のOCへ積極的に参加しました。各々の学校で、学ぶ内容や教え方、先生と在校生の関係性など違いや特色があり興味深く感じました。OC体験の中で、私が感じたことは『学びや技術の習得は、自分が、しっかりと意欲と姿勢を持っていれば、どこへ進学しようと習得できる。けれど、先生と学生や学生間の関係性や環境は、自分の力では変えられない。ならば、人間関係が良好な学校を選びたい』と思いました。

■私がMBCを選んだ理由。
「アットホームで居心地の良い学校。先生と学生や先輩と後輩の関わりなど、学校中で仲が良い。少人数制」という理由で本校への進学を決めました。もちろん、学ぶ内容も県外の専門学校と遜色ないどころか、大規模校では、個人指導は、ままなりませんが、本校は少人数制なので、先生の目が行き届き、時間を割いて、一人一人に向き合って指導してくださいます。入学して、2ヵ月ですが、自分が知りたい事を的確に指導して下さるので、成長が速いと感じています。

■先輩に刺激を受けて成長中。
今、学年の垣根を越えてグループとなり「MBCコレクション」の作品を創作しました。本校には、全国的なファッションコンクールで入賞実績のある先輩も多くいらっしゃいます。そういう目標になる先輩方の技術を目の当たりにして教えて頂きながら、1つの作品を作ることは、大変刺激になりますし「私も頑張ろう!!」という気持ちになります。
夢は、自分のブランドを持つこと!!夢のために、惜しみなく努力したいです。